港ばやし保存会

加相ばやし

加相ばやし

「御幸曳山」の時に演奏される曲です。明治22年(1889年)、土崎港町に隣村の相染新田村が合併された時に創作されました。「加相」とは「相染が加わる」という意味であり、曲の前半が、相染新田村に合併前にあった囃子、後半が湊ばやしという構成になっています。湊剣ばやしと同じく、一時、途絶えかけましたが、昭和31年(1956年)、復活・復元さました。